ブログ BLOG

歯周病治療

歯を失う可能性がある
歯周病

プラークに生息する細菌が歯肉の腫れや出血などの炎症を引き起こし、歯を支える骨を溶かしてしまうのが歯周病です。歯を失う原因となる歯周病は、痛みがないため気づきにくく、症状が現れたときにはかなり進行しているケースがほとんどです。定期的に検診を受けて早期発見、早期治療を心掛けましょう。

歯周病の症状

  • 歯がぐらつく
  • 歯がしみる
  • 歯肉から出血する
  • 歯肉から膿が出る
  • 歯肉が腫れる
  • 口の中がねばつく
歯周病治療の流れ

01

カウンセリング
現在の症状やお悩みをお聞きし、口腔内の状態を確認します。

02

歯周基本検査
レントゲンや口腔内写真を用いて歯周ポケットの深さを測り、進行具合を確認します。3ミリ以下であれば健康な状態、4~5ミリは可能性あり、6ミリ以上は歯周病が進行している状態と考えられます。

03

ブラッシング指導
歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を除去しやすい正しい歯みがきの方法をアドバイスします。

04

初期治療
歯垢(プラーク)や歯石を取り除くクリーニングを行います。歯周病菌が深い場所にあるときは、SRP(スケーリング・ルートプレーニング)を行い歯垢の再付着を防ぎます。

05

定期メンテナンス
歯周病の予防には歯科医院でのメンテナンスが重要です。
定期的に通院してクリーニングを受けましょう。