ブログ BLOG

小児矯正

できるだけ早く始めて
歯を抜かない矯正

小児矯正は顎の成長を利用して治療を進めるため、大人になってからの矯正治療と比べ、抜歯の可能性が低いのが特長です。できるだけ歯を抜かないためには、早期に治療開始することが大切です。お子さんの歯並びが気になる、矯正が必要かどうかわからないという親御さんは、ぜひ一度ご相談ください。

矯正時期について

01

Ⅰ期治療

乳歯と永久歯がどちらも生えている混合歯列期(6歳から12歳くらいまで)に行う治療です。この時期は顎の成長を促進・抑制することが可能で、永久歯がきれいに並ぶスペースが確保できます。取り外しできる装置を使うため、お子さんへの負担は少なく、痛みもほとんどありません。

02

Ⅱ期治療

永久歯が生え揃う時期(12歳~)に治療を始めます。成人矯正と同様、ワイヤーで歯を動かす矯正装置を使用します。年齢制限はありませんが、なるべく早く始めることで顎の成長も利用しながら治療を進められる可能性があり、歯や体への負担を軽減できます。

子供のマウスピース矯正

小児矯正でも透明なプラスチック製のマウスピースを使う方法があります。マウスピース矯正は、ワイヤーを使った矯正装置に比べて目立たず、周囲からも気づかれにくいため、矯正中のお子さんの負担をやわらげることができます。食事や歯みがき時に取り外しができ、痛みが少ないのもメリットです。

治療方法
01

プレオルソ

プレオルソは、口腔周囲筋の訓練を目的としたマウスピース矯正です。装着して口の周囲の筋肉と舌を鍛えることで、歯並びを整えます。唾液の分泌が減りむし歯や口臭、ウイルス感染を引き起こす可能性がある、「口呼吸」の改善にも有効です。マウスピース型矯正装置のプレオルソは、成長に合わせて変更することも可能です。