予防処置

予防処置 Prevention

予防処置について

ご自宅と歯科医院で
万全の予防を

健康寿命への関心が高まる中、ご自身の歯を健康な状態で保つための「予防処置」が重要視されています。むし歯になって削った歯は、完全に元通りにはならず、歯周病が進行すれば、歯を失ってしまうこともあります。そうなる前に、ご自宅でのホームケアを徹底し、歯科医院で予防処置を受けておくことが大切です。口臭予防の効果もあり、爽快感が得られるメリットもあります。

予防のメリット

むし歯や歯周病など、歯や口のトラブルを防げます
歯科医院で定期的に検診を受けることで、むし歯や歯周病を防ぐことができます。仮にむし歯や歯周病があった場合も、早期発見することができるため、早めの治療が可能です。
治療期間、費用、痛みなどの負担を軽減できます
重症になる前に早期発見、早期治療ができれば、治療期間は短くなり治療費も抑えられます。痛みを伴う治療も避けられる可能性もあり、患者さんの負担軽減につながります。
お口スッキリ!爽快感が得られます
歯科医院で行うクリーニングは、普段の歯みがき以上に歯や歯肉をきれいにします。歯がツルツルになり、爽快感が得られます。クリーニングにより、着色や汚れの付着を防ぐこともできます。

ご自身で行うセルフケア

歯磨き

予防の基本となるのはご自身で行う歯みがきです。ただ、しっかりと磨けているつもりでも、実は磨き残しは多くあります。ご自身に合った歯ブラシを使い、正しい方法で歯みがきを行いましょう。当院では、歯みがき方法のアドバイスもしています。


※毛先が開いた歯ブラシは汚れが除去しづらくなります。1カ月に1度の交換を目安にしましょう。

フッ素配合の歯磨き剤

フッ素には、歯質を強化して、むし歯の発生や進行を防ぐ働きがあります。歯みがき剤の中にはフッ素が配合されたものもあり、毎日使用することで、歯みがきによる予防効果を高めてくれます。

歯間ブラシ・フロス
などの
補助清掃用具

歯ブラシが届きにくい歯と歯のすき間には、歯間ブラシやデンタルフロスが有効です。歯みがきの仕上げには、フッ素ジェル(研磨剤無配合)や、就寝中の口内を殺菌するデンタルリンスも活用しましょう。

歯科医院で行う
プロフェッショナルケア

PMTC

歯みがきでは落としきれない歯垢(プラーク)やバイオフィルム、歯の表面の汚れを専用の器具を使って除去します。これらの細菌の住処を放置すると、むし歯や歯周病、口臭の原因になるため、徹底的な洗浄が重要です。

歯磨き指導

患者さんそれぞれの口腔内の状態に合わせ、最適な歯みがきの方法、歯ブラシ・歯みがき剤の選び方を指導します。毎日きちんと歯みがきをしているつもりでも、磨き残しはあるものです。正しい方法を身につけ、むし歯、歯周病を防ぎましょう。補助清掃用具の活用方法もアドバイスしていますので、ご不明な点があればご相談ください。

スケーリング

スケーラーという専用の器具を使って、歯石を取り除きます。歯垢(プラーク)が硬化した歯石は、歯みがきでは除去できません。歯科衛生士によるスケーリングで歯石をなくし、歯周病を予防しましょう。

定期検診

治療後の良い状態を
保つために

歯周病の原因となる歯石は、一度除去しても時間とともに再形成されます。再発して放置した歯周病は、歯を失うことにもつながります。歯と口の健康を保つためには、定期的に歯科医院で検診を受けることが大切です。当院では、3カ月に1度の定期健診をおすすめしています。