予防2(予防への思い) Prevention02

予防への想い

予防重視で考える
現代の歯科医療

健康意識の高まりとともに、痛くなってから治す、悪くなってから治すという従来の考え方から、痛くなる前、悪くなる前に治す予防重視へと変わってきたのが現代の歯科医療です。むし歯や歯周病となり削ったり失ったりした歯は、元通りにはなりません。歯を失えば、食事や会話の楽しみが減ったり、周囲からの目を気にして笑顔が減ったりします。噛み合わせが悪くなって全身の健康に影響を及ぼしてしまうこともあります。

生涯にわたり快適で豊かな生活を送るため、歯や口の健康を維持することが非常に大切です。年齢を重ねてからも、残っている歯の本数が多い方ほど、元気で自立しているという調査結果もあります。
私たちは、患者さん一人ひとりの健康を守るパートナーとなり、日々の暮らしをサポートできればと考えています。来院された患者さんにも、まずお伝えするのは予防処置の大切さです。多くの方に私たちの思いが届き、たくさんの笑顔を見ることが私たちの願いです。

4つのお約束

  • 01

    自己研鑽・自己啓発を続けます

    定期的なセミナー受講、院内における症例検討会開催など、正確な情報、正しい知識を皆さんにお伝えするための取り組みを推進しています。常に技術の向上に努め、より安全で、より負担が少ない治療の提供を目指しています。

  • 02

    患者さんの声に耳を傾けます

    質の高い歯科医療を提供するためには、患者さん一人ひとりの気持ちを知ることも大切です。皆さんの声に耳を傾け、歯や口に関する不安、疑問をしっかりと把握することこそが、良い提案や適切なアドバイスにつながり、信頼関係の構築が可能となります。信頼を築くことができれば、効果的な予防処置が継続しやすくなるとも考えています。

  • 03

    検査を確実に行います

    歯や口の疾患は、自覚症状のないものもあれば、体調によって変化する場合もあります。些細な変化も見逃さないためには、定期的な検査で口腔内の状態を正確に把握することが重要です。さまざまな検査を確実に実施することで、健康な口腔内を長く維持していただきたいと考えています。

  • 04

    いつも笑顔を絶やしません

    無事に治療を終えたとき、予防効果が現れたとき、希望通りの結果が得られたとき、こうした瞬間の患者さんの笑顔を見たときに、私たちは歯科衛生士の仕事のやりがいを感じます。そのためにも、私たち自身も笑顔でいることを大切にしています。 中には歯科医院が苦手な方もいらっしゃいます。最初は苦手な気持ちがあったとしても、気軽に通院し、リラックスして治療を受けていただける歯科医院でありたいと思います。