入れ歯が合わない

入れ歯が合わない Worries07

合わない入れ歯の問題点

不快な思いを我慢していませんか?

歯ぐきの痛みや噛んだときの痛み、傷、口内炎など、入れ歯を装着した際にトラブルはありませんか?これらは、入れ歯が口に合っていないために起こる症状と考えられます。不快なために装着しなくなり、食事がままならなくなってしまう方もいます。歯ぐきが痩せてしまった場合は義歯粘着剤(安定剤)の使用や粘膜面のリベース(裏打ち)によって改善することもあります。高齢の方など、ズレた噛み合わせで慣れてしまっている方もおり、そうした場合は治療用義歯を用いて正しい噛み合わせの位置を探ることもあります。

合わない入れ歯をそのままにしておくと

放置すると歯の寿命が短くなります

合わない入れ歯を放置すると、残っている歯に負担をかけてしまいます。当然負担のかかった歯の寿命は短くなり、やがて失ってしまうことにもつながります。入れ歯を装着して噛むのは、残っている歯への負担を軽くするためでもあり、結果的にご自身の歯を長持ちさせることにもつながります。入れ歯を使わすに流動食やゼリーに栄養補給を頼っていると、健康寿命は短くなります。入れ歯が合わないと感じたらお気軽にご相談ください。なお、保険適用の入れ歯(レジン床義歯)、保険適用外の入れ歯(金属床義歯)を問わず、どうしても入れ歯が合わない方の治療方法としては、ブリッジ、インプラントなど別の方法もあります。

治療方法

ブリッジ

ブリッジとは歯のない部分の両隣の歯を削り、被せ物を橋のようにつなげる方法です。両隣の歯がしっかりと残っているのが条件で、歯のない部分が大きかったり、両隣の歯ぐきが痩せていたりすると不可能な方法です。片方だけしか歯がない状態も、ブリッジはできません。

インプラント

顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、歯を被せる治療方法です。入れ歯が合わない方、以前のようにおいしい食事をとりたい方、残っている歯を長持ちさせたい方などにおすすめの方法です。健康寿命を延ばしたい方にとっても最適なのがインプラントです。