ブログ Blog

担当歯科衛生士エ制度について

こんにちは、名古屋市中村区のかすもり・おしむら歯科です。

皆さんは歯医者さんに通うと治療や予防を行う先生や歯科衛生士さんが毎回違うことなど経験ありますでしょうか?スタッフの人数や診療を行う日数によって各医院でそれぞれかと思いますが、当院は担当歯科衛生士制度というものを取り入れて行っております。

どういう制度かと言いますと、来院頂く患者さんの担当に歯科衛生士がなるということです。当たり前のようではありますが、行っていない医院などもあります。ここでは何故担当歯科衛生士制にしたのかをご説明させて頂きます。

当院は患者さんのお口の中だけではなく、全身を診ていくことを大切に考えています。予防で通われる患者さんは基本的には未病の方です。つまり元気な状態で来院されるということです。担当の歯科衛生士は担当患者さんのお口の中をしっかりと診ながら予防処置を行っていきます。その予防処置を行いながら、お口の中以外に変化はないのか、会話の中で変わったことはないのかなど日々の変化にアンテナを立てていられるのです。

歯科衛生士としてお口の中を守っていくことは当然ではありますが、お口の中以外の変化にも気付けるというのが担当歯科衛生士制度の強みです。

かすもり・おしむら歯科は烏森町にこの先もずっと医院があり、そこに通って頂く患者さんは何年も通って頂けることになります。長い年月の中で担当していくことは小さな変化にも気付くことができるのです。当院は患者さんの全身を守る歯科医院として、担当歯科衛生士を中心にお話を聞きながら、少しの変化にも気付き、そしてお口と健康のサポートをしていく歯科医院で有り続けます。

このようなことから当院は担当歯科衛生士制度にしています。

お困りのことなどありましらお気軽に担当歯科衛生士にお問い合わせください。